【セレクトハウス(明治工学)ただ今建築中ブログ】
高齢者が住む家には和室って必須?(和室と日本人のDNA)
[高齢者住宅] ブログ村キーワード

和室には段差がないため、バリアフリー高齢者にとって和室は最適だ。
と…世間では思われていたりします。

ところが、実際には、高齢者にとって布団の上げ下ろしは重労働。
筋肉や関節が弱っている場合、ベッドのほうが楽です。
座布団の上に座るよりも、ソファのほうが腰やひざに負担がかかりません。


福祉住環境コーディネーター有資格者として、
高齢者こそ、和室ではなく洋室にすべきだと主張したいです。
実際に和室をリフォームして洋室にするケースもあります。
 ⇒当社の介護リフォームサイト
【和室のデメリット】介護に向かないので、高齢者には不向き


しかし、仕事をリタイアした後の趣味として、
茶道や華道、書道、琴などを始める方が多いのですが、
そのときにはやはり和室があると便利なのは事実です。
【和室のメリット】着物を着るような趣味に、和室は必要

それに、介護に不向きだと書きましたが、
それまで和室に慣れ親しんできて、
の香りや、障子から差し込んでくる日の光が好きだとか、
そういう方も実際には多く、
一日の大半をすごす空間は自分好みにしたいものですので、
あえて和室を選択することもあります。

ですので、寝室ではない空間で和室を使うのはいかがでしょうか??


それにしても、年齢を重ねるにつれ、
なぜか和の心や、昔ながらの日本人の生活
求める人が増えるのは不思議ですね。本能でしょうか?


これは全くの推測ですが、
かつて数多の日本人が過ごしてきた生活スタイルを踏襲することで、
日本・和という大きな流れに混じりあっていく安心感。

もしくは、年齢とともに審美眼が磨かれていった結果、
日本文化や伝統工芸に対する称賛や賛同が生まれるためかもしれません。
【和室のメリット】年齢を重ねて、和室を好きになることが多い


もちろん、いろんな方がいますので、
「お年寄り=和室」と安易に決めつけてはいけません。


・親と同居することになった、
・二世帯住宅を建てることになった、

そのときに、どのような部屋が欲しいかを相談せずに勝手に
家づくりをしてしまうと後々トラブルになりますので、ご注意を!



以上、「高齢者と和室」の視点での和室のメリット・デメリットでした。
次回は赤ちゃんの視点です。

桜和室のメリット・デメリット、和室リフォーム桜
半畳を入れるとは 【相撲と日本語と建築】
和室離れはなぜ起きた? 新居に和室は必要か不要か?
高齢者が住む家には和室って必須?(和室と日本人のDNA)

クローバーあわせて読みたい 福祉関連クローバー
福祉住環境コーディネーターとは 解説
介護リフォーム【外部手摺りの取付け】
ローコスト浴室リフォーム



衞声9学 ご連絡先

⇒関連記事:年代別に気に入るインテリア(壁・床) 〜ペット可貸家
枕棚と天袋の違い

next福祉住環境コーディネーターがお勧めする家づくり
next丁寧な施工の工務店に依頼したい方
▲寺の修理をしたこともあります。▲

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らし にほんブログ村 介護 福祉住環境コーディネーター にほんブログ村 介護 高齢者福祉・介護
セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| リフォーム(和室リフォーム) | comments(2) | trackbacks(0) |

和室離れはなぜ起きた? 新居に和室は必要か不要か?
[和室] ブログ村キーワード

前回、和室に馴染みのない人が増えている事について触れました。


和室離れの一番大きな原因は、
戦後、ライフスタイルが欧米化し、
床の上に座る・食べる・寝るなどの行動が減少したためです。

また、昔ながらの日本っぽさは、どこか時代遅れで
アメリカをはじめとする海外の文化を取り入れたい、
取り入れるこそが戦後の日本の復活の象徴であるといった風潮も、
家屋の洋室化を推進させました。

現代においても、インテリアを自分好みにしたい時、
和室よりも洋室のほうがその選択肢が広げやすいことも、
多種多様化した現代人の生き方に合っています。
 ⇒関連記事:当社施工のペット対応貸家も和室がありません。年代別に気に入るインテリア(壁・床)〜


さらに戦後はマンション・アパートが増えたことも原因です。
」といえば昔は一戸建てしか作れなかったのが、
技術の進歩により、めざましい数のマンション・アパートが供給されました。

マンション・アパートの住宅では居室数が限定されるため、
必要最低限の部屋を残していった結果、床の間や仏間などの和室は消失し、使い勝手の良い洋室が好まれるように。
核家族化も進んでいたため、「仏間や床の間がない家なんて…」と反対する家族とは同居していないことが多く、和室の少ない(もしくはない)状況はさらに加速しました。

また、これは大きな声では言えませんが、
和室と比べて洋室のほうが施工が比較的楽な上、
コストが下げやすいといった背景もあるそうです。(業界裏情報)



こうして何百年(千年以上?)かけて発展してきた和室文化
洋室に市民権を奪われてしまいました。


例えば、
祖父母世代ではサザエさんのように
茶の間卓袱台(ちゃぶだい)で食卓を囲むのが当たり前でしたが、
今の世代では、ダイニングテーブルを置いている家庭が多いと思います。


それが現代のスタンダードになりつつあり、
和室や畳の部屋は絶滅すると思いきや…。


新居を建てるとき、
リフォームするとき、
「とりあえず、一部屋は…」と注文するお客様が多いです。
なぜでしょう?


子供のころから、和室がない家に育っていて、
それが当たり前だと思っている世代でも…です。

和室のメリット・デメリットについて掘り下げながら詳しく書いていきます。
  ⇒第一弾高齢者が住む家には和室って必須?(和室と日本人のDNA)


桜和室のメリット・デメリット、和室リフォーム桜
半畳を入れるとは 【相撲と日本語と建築】
和室離れはなぜ起きた? 新居に和室は必要か不要か?
高齢者が住む家には和室って必須?(和室と日本人のDNA)



衞声9学 ご連絡先

⇒関連記事:年代別に気に入るインテリア(壁・床) 〜ペット可貸家


next福祉住環境コーディネーターがお勧めする家づくり
next丁寧な施工の工務店に依頼したい方
▲寺の修理をしたこともあります。▲

セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| リフォーム(和室リフォーム) | comments(0) | trackbacks(0) |

半畳を入れるとは。【相撲と和室と新風と】
八百長問題から、国技のあり方まで問われている最近の大相撲。


毎日コメンテーターから半畳を入れられている有り様です。


わざと、「半畳を入れる」と表現してみましたが、
この「半畳を入れる」の意味をご存知でしょうか?

半畳を入れるとは、
他人の言動に茶々を入れる、野次を入れる、冷やかす…という意味です。

むかしの芝居小屋では、観客が半畳を購入して敷いて見学していました。
興行内容がつまらないと、座布団代わりのその半畳を飛ばしていたことが
語源・由来だとか。

こんな猿芝居みせやがって」・・・と半畳を投げていたそうです。


ちなみに、この半畳・どれくらいのサイズかイメージできますか?
最近では和室がある家が減り、畳の大きさがピンと来ないかもしれません。
⇒関連記事和室離れ

正解は、82cmx82cm位です。
畳にも色々種類がある為、一概には言えませんが。
「起きて半畳 寝て一畳 天下取っても 二合半」
「立って半畳、寝て一畳、天下取っても四畳半」
という
言い回しがあるように、座ってみるのに必要なスペースは
このくらいの大きさなのでしょう。


相撲でも、格上の力士が格下に負けた時も座布団が舞うことがあります。


八百長があるのかないのか、その真偽のほどは分かりませんが、
死語になりつつある「半畳を入れる」という言葉とともに、
相撲という国技も、「かつてそのようなものがあった…」と
語られることにならなければいいですね。


和室や国技、昔から残っているものにはそれなりの理由があります。
しかし、伝統という名にアグラをかいていてはだめです。
時代の変化を敏感に読みとり、新しい価値を創造し続けないと。
長く愛されているモノ・コトはその新陳代謝が非常に上手ですね。



衞声9学 ご連絡先


桜和室のメリット・デメリット、和室リフォーム桜
半畳を入れるとは 【相撲と日本語と建築】
和室離れはなぜ起きた? 新居に和室は必要か不要か?
高齢者が住む家には和室って必須?(和室と日本人のDNA)



next福祉住環境コーディネーターがお勧めする家づくり
next丁寧な施工の工務店に依頼したい方
▲寺の修理をしたこともあります。▲
セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| リフォーム(和室リフォーム) | comments(0) | trackbacks(0) |

+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ PROFILE
+ ARCHIVES
+ OTHERS
PAGE TOP
MAIL
HP