【セレクトハウス(明治工学)ただ今建築中ブログ】
地鎮祭を行うメリット!子育て世代にもオススメの理由
先日、地鎮祭を行いました。
地鎮祭とは、土地を利用させてもらうことを、土地の神様に許しを得る儀式です。
氏神様が鎮まっている土地に家を建て、工事などで騒がせてしまうので怒りをかわないために行います。


地鎮祭 画像

最近では、やらない施主さんが増えているとか。
やらないと超常現象が起こる…なんてことはありませんが、何かあったとき、「あのとき、地鎮祭やらなかったから」と後悔しても後の祭り。厄払いの考え方と一緒ですね。妙な事故や病気が起きたとき、因果関係をつけたがるのが人間ですから。

地鎮祭を行うことで工事関係者と顔合わせができ、
家づくりが始まる実感が湧いてくるのも事実です。
この後、基礎工事が始まるのでご近所への挨拶回りができるメリットもあります。

地鎮祭にかかる時間はおよそ1時間程。(早ければ30分)
神社への手配や準備はセレクトハウスにお任せください。
必要なのは、神主さんへの初穂料くらいです。

前置きが長くなりましたが、子供がいる家庭にお勧めしている理由は、
地鎮祭が工事の無事
と安全を祈願する儀式としての意味だけでなく、
道徳や知育の宝庫だからです。
神主さんが祝詞を唱えはじめると、その非日常感からか、やんちゃなお子さんも神妙な顔で頭を下げます。神様の存在を身近に感じると、悪さができなくなるんですね。

「玉串」を祭壇にささげる玉串奉奠(たまぐしほうてん)は七五三などでも経験できる非日常体験ですが、盛り砂の砂にクワを入れるようなしぐさを行う地鎮の儀(鍬入れの儀)は地鎮祭ならでは。

家族みんなでクワを入れますので、小さいお子様がこわばった顔をしながら父親とクワをにぎる微笑ましい場面に立ち会ったことも。お供え物の「海のもの」「野のもの」「山のもの」の意味を楽しげに考えたり、神主さんから神様についてのお話を真剣に聞いたり、儀式の後、お子さんが少し賢くなったように見えるから不思議です。新築を建てた人だけに許された特権ですね。

気休めや迷信と片づけず、大切で楽しい家づくりのイベントと捉え、ぜひ前向きに参加なさってください。
次は、福祉施設の「土台敷き」工事で、社長の私も施工中! です。

過去にも似たようなブログ記事を書いていますので、よろしければ一緒にどうぞ。
 

★関連記事★

セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| 建築雑学(大工や職人) | comments(0) | trackbacks(0) |

半夏生とタコと、大工道具の美しい墨つぼの話
7月2日は半夏生(はんげしょう)です。
農家では、今日までに田植えを済ませるとか、そんな昔ながらの雑節の一つ。

そろそろ梅雨明けが近いことも暦が教えてくれます。

スーパーでは「半夏生!タコを食べよう!」とレシピと一緒に、やたらタコ推しされてました。タコの足のように稲の根が付くようにとか、疲労回復効果のタウリンが多く含まれていて夏バテ防止とか、由来や効能もあるそうなので、今晩のおかずが楽しみになってきますね!ちなみにサバやうどんを食べる地域もあるそうです。

さて、大工道具にも「タコ」と呼ばれている者があります。
それがこれ。墨付け道具です。墨入れ墨だし墨つぼとも呼ばれています。


糸車に巻き取られている糸をぴんとはり、材木上に正確に墨で直線をひくことができる大工道具です。
使わないと墨が乾燥しやすく手入れが大変なため、最近ではプラスチックでできている墨つぼが多いのですが、昔ながらのこの道具に実用性と共に美しさや、道具一つにも手を抜かない日本人のを感じてしまいます。

これが活躍するのは、いわゆる「墨付け」や「刻み」のとき。
最近ではプレカットの構造材が多いのですが、工務店では「墨付」や「刻み」もまだまだ現役です。材木のくせを見極めながら加工していくため、耐久性が高くなるのが長所であり、大工の職人技の一つ。腕の見せ所です。
とくに無垢材は、手刻みの方が収まりがきれいに感じます。
ただ、手間と時間がかかる短所があるため、プレカットではできない仕口のときのみ、手刻みにした方が経済的ではあります。

大工や職人がどんどん少なくなっていく中、大工道具もまた絶滅していくのでしょうか。墨が乾く間もないほど、大工や職人がまっとうな評価を受ける時代になってほしいと思います。


在来工法に自信あり★新潟市で無垢の家を建てるなら、ご相談はこちらから
セレクトハウス(株式会社明治工学) ご連絡先
【HP】セレクトハウス
 

(*^_^*)関連記事(*^_^*)


 
セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| 建築雑学(大工や職人) | comments(0) | trackbacks(0) |

横手すりのオリジナルデザインと、熟練の匠の技
セレクトハウスのコンセプトである、選び抜かれた材料と設計士のデザイン施工する技が融合した例として、階段の手すりを紹介します。

無垢 階段

施主の要望の木製手すり。
無垢材を贅沢に使用した住宅なので、
手すりも階段も、無垢材をセレクトしました。
(→無垢の天井材の紹介ブログ記事

階段を昇降するたびに、手に伝わる木の優しさぬくもりを感じ、
家族の成長と共に、アンティークの風合いになっていきます。

無垢材の中でも、ウェスタンレッドシダーを使用した理由は、
色味のバリエーションがある木材なので自然の木の風合いをより感じてもらえ、毎日見ても飽きない楽しさがあると思ったからです。
(ウェスタンレッドシダーの他のメリットは後述)

デザイン面では、横格子のスリット間隔を狭くすることで、よじ登りして落下しない安全性と、贅沢なグレード感を演出しています。

それを大工さんが手間をかけて加工(製材)し、
熟練の技で取り付けました。

無垢 階段 デザイン

この階段のデザインが上から見たときにコの字型ではなく、
角の留めが直角以外のものもあるので、匠の技が生きています。

一階から二階に向かう手摺の一本一本と、二階の手摺がうまくつなげる凄さ。写真を見て、違和感を感じてないとしたら、我々は大成功です。


天然素材の無垢が好きなら!【オープンハウス情報】  
↑新潟市中央区で3月21日・22日・23日開催。↑


★大工関連の記事★


ただ今建築中の新築まとめ記事青い旗新潟市中央区の新築物件 



※※ウエスタンレッドシダーの特徴※※
この無垢材は、ウエスタンレッドシダー
別名・米杉とも呼ばれていますが、ヒノキ科の木材です。
独特の芳香、天然の殺菌力防虫力があります。

耐久性が高く、収縮率が低く、反りや曲がり、割れなどが生じにくい木材です。加工しやすいので、DIY用デッキ材としての人気も高く、ウッドデッキなどで一度は見たことあるはずです。


見学会のご相談はこちらからセレクトハウス(株式会社明治工学) ご連絡先
セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| 建築雑学(大工や職人) | comments(0) | trackbacks(0) |

家を作るのは大工。腕のいい大工がいます。
うちの自慢の一つは腕のいい大工による責任施工

家族の好みや願いを叶えるデザイン 
無垢などのこだわりの材質。 

住む人の気持ちに寄り添って、一緒に選び、
それを形にするのは、大工の仕事です。
設計士や、 無垢キッチンなど選びたい方は、青字をクリックすると紹介ブログ記事が開きます。)

多くのハウスメーカーでは、請けた仕事を下請けの業者や工務店に任せます。どこが請け負うか、腕のいい大工にあたるかどうかは運次第です。

大工さんは、営業下手な人が多く、
生活のために、ハウスメーカーの下請けに甘んじたとき、交渉下手なため、ハウスメーカーに工期も手間(報酬)もいいように決められることも多いです。

そうなるとどうなるか。

安く、早く、仕事をするため、スピード重視にならざるを得ません。
たとえ、本人がどんなに質にこだわりたくてもそれが許されません。

仕事に誇りや夢がもてない、生活できない。
いじめられてきた大工という職業は、新たな成り手が少なく、高齢化も進んでいます。
今頃になって、大工の確保に住宅業界は躍起になっています。

いい大工に当たるかどうか。
その大工さんが実力を発揮できるかどうか。

もちろん、どの業者も下請けの業者に、クリア基準を課して
ある一定のクオリティに達するようにはしています。
職人さん自身の仕事への矜持もあります。

でも、自分の仕事に責任と誇りを持った匠の技が出せる環境といえるでしょうか。




冒頭にも書きましたが、
当社の施工は、一級技能士を持ち、新潟の風土や特性を熟知した大工が責任を持って建てています。


建築業者選びに真剣になるならば、
どんな大工が施工するかも、こだわってほしいと思います。
いくらデザインや材質を追求しても、それを現実にするのは職人さんです。

お客様の理想の家が実現するだけでなく、
大工を含む職人の正しい評価、ひいては建築業界の発展につながると思っています。


匠の技を見学するチャンス!【オープンハウス情報】  
↑新潟市中央区で3月21日・22日・23日開催。↑

見学会のご相談はこちらからセレクトハウス(株式会社明治工学) ご連絡先
 

★★あわせて読みたい★★

セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| 建築雑学(大工や職人) | comments(0) | trackbacks(0) |

いい仕事は、見ればわかる。〜お客様からの言葉〜
お客様が業者に求めるものはなんでしょうか?

品質? 安さ? サービス?


また、業者がお客様に求めるものはなんでしょうか?

もうけ? 感謝の言葉? 他者への推薦(クチコミ)?


先日、懇意にしている建具屋さんからお客様を紹介してもらいました。

そのお客様は、その建具屋さんの腕と人柄に惚れ込んでいたので、
彼の紹介であればきっといい大工さんを紹介してもらえるだろうということで、うちにリフォームの話が来ました。

ありがたいことです。

と、同時にプレッシャーも感じます。


お客様からと建具屋さんからの二重の期待。
もし、ヘタな仕事をすれば双方からの信用を失うことに。

大工画像イメージ

結果から言えば、大変満足してもらって、とても喜んでいただけました。
お客様と建具屋さんの期待に応えられて、ほっとしました。

そのときのお客様の言葉が印象的でした。
いい仕事は、見れば、わかる。
「スカッときれいにおさまってるね。」

最近、このようなことを言われることが少なくなりました。
どれだけ値引きしてもらえるか、ということを特に若い方に聞かれます。

安くてよいものがほしい。よくわかります。
とくに建築関係は、定価がないため、
ネットやクチコミで相場を調べて武装されているお客様は実に多いです。

そんななか、
安さ」ではなく、仕事そのものを評価され、とてもうれしかったです。

どんなにいい仕事をしても、それをわかっていただけるお客様に出会えるかどうか。お客様がいい業者を探しているように、私たちも正しく評価してくれるお客様を求めています。

なんだかまどろっこしい言い方になってしまいましたが、
いいお客様にあえてよかったです。うれしかったです。


連絡先はこちら在来工法が得意のセレクトハウス(明治工学 ご連絡先)
福祉住環境コーディネーターが提案する住みやすい家に住んでみませんか?
≪バリアフリー工事も得意です≫

★★あわせて読みたい★★
セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| 建築雑学(大工や職人) | comments(0) | trackbacks(0) |

大工が絶滅危惧種になる日
[大工職人] ブログ村キーワード

先日、新潟日報の記事を読んで驚きました。

新潟県大工人口は、十年ほど前は1万人はいたそうです。
しかし、今は7千人ほどしかいないとか。

3割も減ってしまいました。


このままいけば、5千人を割る日も遠くないでしょう。

大工に限らず、職人の世界では、高齢化後継者不足が深刻で
警鐘が鳴らされて久しいのですが、なかなか良い改善策がないのが現状です。

当然だと思います。


技術を教えたい親方がいたとしても、
タイミングよく若者が修行に来るとは限りません。

また、大工志望の若者がいても、
どこに行けば腕の良い大工がいるのか、その情報が得られません。

こんなに情報化社会といわれていても、
人と人を結びつけることができないのですね。

きっと、他の伝統工芸のように、
受け継ぐ人がごくわずかになったり、
誰もできなくなってしまってから、
その価値が再確認されるのかもしれませんね。


そうなる前に、どうにかしなければいけないと思います。
新潟県には、佐渡島にトキがいます。


絶滅が危惧されて、保護を始めたときには、もう手遅れで、
関係者の必死の努力にもかかわらず、日本由来のトキは絶滅してしまいました。

大工の運命はいかに?!
「これはね、むかし、ダイクという人たちが造った
めずらしい建物なんだよ…」と語られるのでしょうか…。

にも書いていますが、ハウスメーカーによる大工いじめもありました…。



ご連絡先はこちら
大工修行経験あります。の明治工学 ご連絡先


【あわせて読みたい 大工関連】
セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| 建築雑学(大工や職人) | comments(0) | trackbacks(0) |

+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ PROFILE
+ ARCHIVES
+ OTHERS
PAGE TOP
MAIL
HP