【セレクトハウス(明治工学)ただ今建築中ブログ】
瑕疵担保責任とは
[瑕疵担保責任] ブログ村キーワード
瑕疵担保責任とは
売買の目的物に 隠れた 瑕疵 (欠陥) があったときに、
売主(next施工主)が買主((next施主)に対して負うべき責任のことです。

「かしたんぽ」という言葉を聞きなれない人は
「貸し担保」と勘違いして、
担保の貸し借りについてだと思う人もいるそうですが、それは誤りです。
瑕疵とは民法基本用語のひとつで、キズ、欠陥、欠点を指します。
法律用語って、聞きなれないものが多いですよね。


ちなみに、
星隠れた瑕疵とは、買主が通常の注意を払っても知り得ない
瑕疵(欠陥)のことです。
星担保責任(たんぽせきにん)とは、売買などの有償契約等において、
目的物または権利に欠陥がある場合に、当事者間の公平を図る目的で、
契約の一方当事者が負担する損害賠償その他の責任を負うことです。


この瑕疵担保責任は、契約時に分からなかった瑕疵のために
無過失の買主が損害を受けたときには、
売主に対して損害賠償請求もしくは 契約の解除を求めることができます。

軽微の瑕疵が、重要であったり、多額の費用がかからない場合は、
瑕疵修補を請求することもできます。
瑕疵修補とは、簡単に言うと、
「お金はいらないから、早く直してくれ」ということです。
補修をしてもらってもまだ損害のあるときは、
さらに損害賠償請求もできます。


このとき、売主に過失があったかどうかは関係なく、
その瑕疵の発生原因について売主が被害者だったとしても、
買主との関係においては売主が責任を負わなければならないものです。


具体例で言うと、
たとえば、家に雨漏りがあったとき、
通常では発見できないような隠れた欠陥であるので、
その事実に気づいてから一年以内損害賠償請求か、
瑕疵修補請求をします。
治せそうにない状態(欠陥を修繕することが事実上不可能)であれば、
契約を解除することもできます。


この法律の目的は。
売主である不動産会社や建設会社(next施工主)と比べ、
買主(next施主)は不動産売買の知識や経験が
浅い(もしくはない)ことが多いです。
家や土地といった高額な買い物をするのに、
対等な契約をできるかどうか不安が残ります。
その不安を少しでも解消するために、
なにかあったときに買主が不利にならないよう
法の下、買主を手厚く保護するのが目的です。

つまり、瑕疵担保責任は買主(next施主)の味方なんですね嬉しい


もちろん、このような法律を使う機会がないのが
買主にとっても、売主にとっても一番いいのは確かです。



青い旗用語集〜建築・住まい〜


ご連絡先はこちらペット共生住宅の明治工学 ご連絡先

next安定収益の土地活用に興味ある方
next丁寧な施工の工務店に依頼したい方

【関連タグ】☆建築用語集
セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| 建築雑学(建築用語集) | comments(0) | trackbacks(0) |

<< 「耳の日」「手話の日」と「ひなまつり」「こどものひ」 | main | 引越しシーズン到来「はじめての一人暮らしガイドブック」無料配布 >>
コメント
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://blog.meijikougaku.com/trackback/798163
トラックバック
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ PROFILE
+ ARCHIVES
+ OTHERS
PAGE TOP
MAIL
HP