【セレクトハウス(明治工学)ただ今建築中ブログ】
滑る床で誘発される、ペットの怖い怪我や疾患
室内犬・猫犬を飼う方が多くなってきていますが、
ちゃんとペット仕様になっていますか?
もしそうでなかったとしたら、大切なペットが
骨折・股関節脱臼・膝蓋骨脱臼・椎間板ヘルニアになる恐れがあります。


動物病院に脱臼で来院する犬の8割、骨折の2割が
フローリング等の滑る床での転倒が原因だといわれていることをご存知でしょうか?

滑る床だと、踏ん張る力の弱い子犬は骨の正常な成育が阻害されて、股関節形成不全になることが多いことが指摘されています。
また成犬でも、筋力が弱まるにつれ踏ん張れなくなります。

滑る床で誘発される症状は、
骨折・股関節脱臼・膝蓋骨脱臼・椎間板ヘルニア。

床材を滑らなくすることで、
大事なペットが苦しむこともなくなり、
飼い主も動物病院に連れていく手間費用のコストが省けます。

ペット対応床材を導入するコストよりも、愛犬や愛猫と一緒に暮らせる幸せを選んでほしいと明治工学では考えています電球
人間のように健康保険のないペットですから、動物病院に通院する費用を考えると
ペットリフォームをしたほうがお得かもしれませんね!!


犬ペット共生(ペット可)賃貸を愛犬と回るシリーズ犬
next営業部長が犬?!青空計画チョ子のご紹介
nextペット対応住宅の玄関周りを紹介
nextほっとする玄関ランプ。帰りたくなる家つくりの必須条件。
next玄関に入り込む優しい木漏れ日に、うっとり。
nextペット共生するなら、絶対にペット対応床材!飼い主もペットも、オーナーも満足
nextペット対応壁紙を選ぶ3つのポイント
nextペットや赤ちゃんに優しい壁紙の【下地材】



ご連絡先はこちらペット共生住宅の明治工学 ご連絡先

next安定収益の土地活用に興味ある方
next丁寧な施工の工務店に依頼したい方
nextこの商品の価格やサイズなど詳細が知りたい
 
セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| 建築雑学(愛犬 ペットと生きる) | comments(0) | trackbacks(0) |

<< ペット対応壁紙を選ぶ3つのポイント | main | 2009年9月度人気アクセス記事ランキング >>
コメント
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://blog.meijikougaku.com/trackback/810865
トラックバック
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ PROFILE
+ ARCHIVES
+ OTHERS
PAGE TOP
MAIL
HP