【セレクトハウス(明治工学)ただ今建築中ブログ】
床リフォームの裏のウラ(床鳴りする床)
今回は、玄関廊下の床リフォームです。
早速ですが、下の写真を見てください。

床リフォーム 玄関 画像(大工が語る裏話)

この写真はリフォーム前のものなんですが、
パッと見た感じではキレイなものです。

「何故、リフォームが必要??」と一瞬考えました。


床リフォームを注文した理由を聞くと、トイレの前の床が一部、ブカブカと
足が上下して、トイレに行く度に気持ち悪いとのことでした。

それもそのはず、このお宅は築30年の住宅。
昔の床と現在の床の施工方法は違うからです。

昔は一重張り。つまり仕上げの化粧床板のみ。
現在はたいていが二重張り。つまり捨て張りと化粧床板です。
この捨て張り(読み方:すてばり)が、床の強度を生むのです。


さらにトイレが近い環境は、床材が湿気の影響を受けやすく
化粧床板(床板は何枚かの層を貼り合せてできています。)の層が
剥がれやすくなります。


ご覧ください。床の裏を。
床材 腐ってるようなぼろぼろ(弱ってる)木と正常な床 画像

写真の左の板が剥がれている状態で、右が正常の状態です。

築30年以上の住宅の床鳴りやブカブカする床はこのようになっています。


もしお住まいの住宅で、床鳴りや歩いた時に違和感があるようでしたら、
一度、床材をプロの方にチェックしてもらってください。
床リフォームで生まれ変わるかもしれませんよ。


ご連絡先はこちら明治工学 ご連絡先
♪福祉住環境コーディネーターが提案する住みやすい家つくり♪


next安定収益の土地活用に興味ある方
next丁寧な施工の工務店に依頼したい方
▲ヤマハリフォームにも対応しています▲
セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| 建築雑学(コラム・裏話) | comments(0) | trackbacks(0) |

<< 速報!新潟わんこ大好き!最新情報 | main | 2010年 にいがた総踊り情報!(由来と今後の展望) >>
コメント
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://blog.meijikougaku.com/trackback/810886
トラックバック
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ PROFILE
+ ARCHIVES
+ OTHERS
PAGE TOP
MAIL
HP