【セレクトハウス(明治工学)ただ今建築中ブログ】
地鎮祭に必要なモノ(神主側?)と、五行説の関係
地鎮祭の一般的なやり方は
土地の四隅に青竹を立て、その間を注連縄で囲って祭場となし、
斎主たる神職のもと、建築業者・施主の参列の上で執り行います。

…ちなみに,注連縄の読み方は「しめなわ」と読みます。
神主さんより準備するよう言われ、探したのですが、見つからず困りました。
ホームセンターにあると教えてもらったのですが、売っていませんでした。
売り場の人が言うには「お正月や祭りの時期じゃないと売れないから置いていない」とのこと。


ご自分で用意される方は気を付けてください!



地鎮祭の手順としては、祭場の中には木の台(八脚台という)を並べ、
その中央に神籬(ひもろぎ、大榊に御幣・木綿を付けた物で、これに神を呼ぶ)を立てて祭壇とみなし、酒・水・米・塩・野菜・魚等の供え物を供えます。祭壇の左右に、緑・黄・赤・白・青の五色絹の幟に榊をつけた「真榊」を立てる場合もあります。
この五色絹は五行説における天地万物を組成している5つの要素、
つまり木・火・土・金・水を表しているそうです。これを掲げることで神様に,祭りを行っていることを知らせると言われています。

明治工学 ご連絡先にお任せいただければ、準備も手伝わせてもらいます。


鯉のぼりの吹き流しや,next七夕の五色の短冊などにも
この五行説の五色は使われています。
興味のある方は由来などを調べるとなかなか面白いですよ!



★子育てしやすい家を作ります!★
ご連絡先はこちら。相談無料→明治工学 ご連絡先

 

★関連記事★

セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| 建築中(地鎮祭〜上棟式) | comments(1) | trackbacks(0) |

<< 地鎮祭を行いました。 地鎮祭とは やるべきかどうかの判断 | main | 地鎮祭の初穂料・お供え物・服装について >>
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/09/01 9:20 AM |

コメントする







この記事のトラックバックURL
http://blog.meijikougaku.com/trackback/810960
トラックバック
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ PROFILE
+ ARCHIVES
+ OTHERS
PAGE TOP
MAIL
HP