【セレクトハウス(明治工学)ただ今建築中ブログ】
床張り工事2(仕上げ)
床張り工事のこだわりの2つ目は、捨て貼り(仕上げ材の下地になる合板)と仕上げ材柱の部分のみを欠いて、床板を張る事です。百聞は一見にしかずなので、次の写真を見て下さい。

床張り工事

↑これは、捨て貼りの写真です。柱の部分以外は合板をきれいに張ってあると思います。ここまでは、たいていの所で行っている事だと思いますが、弊社では仕上げ材も同じように張ります。
次の写真が仕上げ材を張り終えた様子です。矢印

床張り工事

床張り工事

↑これも、捨て貼りと同様に柱の部分のみを欠いて、さらにネダボンド(強力なボンド)で捨て貼り仕上げ材をしっかりと貼り付けます。こうする事で、床の剛性(強度)を高めています。

ご連絡先はこちらペット共生住宅の明治工学 ご連絡先

家バーチャル体験【骨組み編】関連記事家 青い旗どれを見るか悩んでる方へ新築現場バーチャル体験【骨組み編】まとめ 


 
セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| 建築中(骨組後〜断熱材) | comments(0) | trackbacks(0) |

<< 床張り工事1(捨て貼り)へのこだわり! | main | 手すり取付け「介護保険適用」 >>
コメント
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://blog.meijikougaku.com/trackback/810968
トラックバック
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ PROFILE
+ ARCHIVES
+ OTHERS
PAGE TOP
MAIL
HP