【セレクトハウス(明治工学)ただ今建築中ブログ】
北道路の家に、明かりが降り注ぐ工夫でデメリット解消
日光が入らない家は、寒いし、暗いし、気分が落ち込むといったデメリットがあります。南道路は日差しや風を遮らず人気で、北道路は日当たりが悪く敬遠されがちです。

しかし、不人気な分、値段が安く、好条件で買えるチャンスです!
不動産購入費用を安く抑えて、建物やインテリアにお金を回すことができますよ。

北道路住宅のデメリットである日当たりを確保する方法をご紹介します。

まず、間取りの工夫として、
家をできるだけ北側に寄せ、南側に庭を配置する。
隣家との距離をできるだけとり、少しでも光を取り込みましょう。

明るい空間をつくるため、吹き抜けスカイライト・トップライト(天窓)をつけたり、二階リビングにするのもおススメです。

現在、建築中の家も、北道路の住宅です。
明かり窓(明かり取り)がついたリビングを紹介します。

明かり取り 明かり窓

まだ建築中の途中の写真なので、分かりにくいかと思いますが、
2月の冬の新潟でも、このように光が差し込みます。
( →オープンハウスで実物をご覧ください)

設計の工夫で、北道路のデメリットは軽減・解消されます。

また北道路の家は南道路の家より良いところもあります。

プライバシーが守られること。
北道路でも南道路でも、リビングは南に設置することが多いです。
南道路の家では、リビングが丸見えにならない工夫が必要になります。
せっかくのリビングをカーテンやフェンスで目隠ししなくてもよいオープンな暮らしができます。
洗濯物を南側に干しても道路から見えないのは北道路ならでは。


南道路に固執しすぎるあまり、建てる時期を逃したり、建築費用を抑えて理想とかけ離れる家になるほうが問題かと思います。


北道路でも南道路でも、明るく暮らせる家のご提案をしていきます。

匠の技を見学するチャンス!【オープンハウス情報】  
↑新潟市中央区で3月21日・22日・23日開催。↑


見学会のご相談はこちらからセレクトハウス(株式会社明治工学) ご連絡先
 

★関連の記事★

セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| 建築した(木と育つ家) | comments(0) | trackbacks(0) |

<< 家を作るのは大工。腕のいい大工がいます。 | main | 横手すりのオリジナルデザインと、熟練の匠の技 >>
コメント
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://blog.meijikougaku.com/trackback/810985
トラックバック
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ PROFILE
+ ARCHIVES
+ OTHERS
PAGE TOP
MAIL
HP