【セレクトハウス(明治工学)ただ今建築中ブログ】
地鎮祭を行うメリット!子育て世代にもオススメの理由
先日、地鎮祭を行いました。
地鎮祭とは、土地を利用させてもらうことを、土地の神様に許しを得る儀式です。
氏神様が鎮まっている土地に家を建て、工事などで騒がせてしまうので怒りをかわないために行います。


地鎮祭 画像

最近では、やらない施主さんが増えているとか。
やらないと超常現象が起こる…なんてことはありませんが、何かあったとき、「あのとき、地鎮祭やらなかったから」と後悔しても後の祭り。厄払いの考え方と一緒ですね。妙な事故や病気が起きたとき、因果関係をつけたがるのが人間ですから。

地鎮祭を行うことで工事関係者と顔合わせができ、
家づくりが始まる実感が湧いてくるのも事実です。
この後、基礎工事が始まるのでご近所への挨拶回りができるメリットもあります。

地鎮祭にかかる時間はおよそ1時間程。(早ければ30分)
神社への手配や準備はセレクトハウスにお任せください。
必要なのは、神主さんへの初穂料くらいです。

前置きが長くなりましたが、子供がいる家庭にお勧めしている理由は、
地鎮祭が工事の無事
と安全を祈願する儀式としての意味だけでなく、
道徳や知育の宝庫だからです。
神主さんが祝詞を唱えはじめると、その非日常感からか、やんちゃなお子さんも神妙な顔で頭を下げます。神様の存在を身近に感じると、悪さができなくなるんですね。

「玉串」を祭壇にささげる玉串奉奠(たまぐしほうてん)は七五三などでも経験できる非日常体験ですが、盛り砂の砂にクワを入れるようなしぐさを行う地鎮の儀(鍬入れの儀)は地鎮祭ならでは。

家族みんなでクワを入れますので、小さいお子様がこわばった顔をしながら父親とクワをにぎる微笑ましい場面に立ち会ったことも。お供え物の「海のもの」「野のもの」「山のもの」の意味を楽しげに考えたり、神主さんから神様についてのお話を真剣に聞いたり、儀式の後、お子さんが少し賢くなったように見えるから不思議です。新築を建てた人だけに許された特権ですね。

気休めや迷信と片づけず、大切で楽しい家づくりのイベントと捉え、ぜひ前向きに参加なさってください。
次は、福祉施設の「土台敷き」工事で、社長の私も施工中! です。

過去にも似たようなブログ記事を書いていますので、よろしければ一緒にどうぞ。
 

★関連記事★

セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| 建築雑学(大工や職人) | comments(0) | trackbacks(0) |

<< 床下収納とパントリー(食品庫)、賢い選択はどっち? | main | 家具材のロールスロイス =世界三大銘木ウォールナット= >>
コメント
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://blog.meijikougaku.com/trackback/811016
トラックバック
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ PROFILE
+ ARCHIVES
+ OTHERS
PAGE TOP
MAIL
HP