【セレクトハウス(明治工学)ただ今建築中ブログ】
『世界で一番美しい建築デザインの教科書』で読書の秋
読書の秋ということで、『世界で一番美しい建築デザインの教科書』を読みました。

『世界で一番美しい建築デザインの教科書 7人の巨匠に学ぶインテリア・家具・建築の基本』エクスナレッジ

冒頭にこのように書いてあります。、

建築とは、単に構造物を建設する事ではなく、
私たちが生き生きと生活することができる場所を作り出すことである。

本書は、家具・インテリア・建築・都市という領域を横断し、
建築を総合的にデザインするための様々な理論を学ぶための教科書である。



ヤコブセンの建築例

絵本のような雰囲気で、難解な建築用語も出てこず(用語辞典が最終ページにあります)、ぱらぱら眺めながら知識を吸収するのに最適だなと感じました。

家も、家具も、インテリアも、建築士がトータルデザインする。という内容が
巨匠たちの例を挙げながら、あらゆる角度から説明されていくのですが、
登場する7人の巨匠はこちら!
ライト、ミール、コルビュジエ、リートフェルト、アアルト、プルヴェ、ヤコブセン。


建築に興味がなくても、
アルネ・ヤコブセンの名前はインテリア好きなら知ってるのでは。

彼は、建築への想いが高まりすぎて、ホテルを手掛けるとき、照明やドアハンドル、ナイフに至るまでオリジナルデザインにこだわり、総合的にデザインしました。その過程の一つとして誕生したのがエッグチェア。


ヤコブセン エッグチェアのコンセプト


見た目のデザイン性の高さはご覧の通り。
しかし、エッグチェアの神髄は座ってはじめて分かります。

座ると両脇のヘッドレストが視界を程よく遮り、
ホテルのロビーのような人が大勢いる空間でもパーソナルスペースが誕生させます。

これが実に画期的!




オブジェとしてもホテルの品格を上げ、
椅子としての機能も申し分ない。

この考え方こそが建築的。と、本書は述べています。
使用者の人間的尺度や動き、その空間へのニーズを丹念に汲み取り、
それをもとにデザインする。

たしかにこの発想は、住宅でも家具でも都市でも同じことですね。
ヤコブセン以外の巨匠のこだわりもとても面白かったです。

日常で使うナイフから、都市計画といった壮大な考え方までもデザインする。

建築士はアーティストではありません。
住んでくださる方の住み心地を追求する事は、間違っていない!
そう、再認識させてくれる本でした。


実際に住む人の生活を想像しながらの設計、
周辺環境との調和を図ったデザイン、
安らげるデザインと美しい形態の調和。

お客様との話し合いを重ねて、家を創りあげていきます。

また、家具は(有)井野元建具[inomoto]|に造作させています。
建具も家具も本当に素晴らしいものを作ってくれて、
私の家にふさわしいと感じています。



すべては住む人の暮らしやすさの為。
建てた家がこちら。セレクトハウスの施工事例


暮らしやすい家に自信あり!
福祉住環境コーディネーターの資格を有し、動線にもこだわってます。
セレクトハウス(株式会社明治工学) ご連絡先
【HP】セレクトハウス

★関連記事★

セレクトハウス 見学会のお知らせ
家バリアフリー関連は明治工学リフォーム!/建設関連はセレクトハウス!家

★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へにほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ| blogram投票ボタン |


▲TOP▲| 建築雑学(デザイン) | comments(0) | trackbacks(0) |

<< 在来工法で耐震性を高める方法は、筋交い 〜2×4との違い〜 | main | 太いだけじゃない!空間を広く見せる梁の威力! >>
コメント
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://blog.meijikougaku.com/trackback/811021
トラックバック
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ PROFILE
+ ARCHIVES
+ OTHERS
PAGE TOP
MAIL
HP